どんな変化を感じたらaga治療を始めると良いのか

agaによって薄毛になってしまうのがきになるという人は早めに対策した方が良いのは確かです。

しかし、どんなタイミングでaga治療を検討すべきなのかがわからずに悩んでしまう人もいるでしょう。重要なのは自分で観察をして変化が起きてきているのを察知することです。

どんな変化が出てきたらクリニックに行くと良いのでしょうか。

『aga治療を開始する時は各クリニックの患者のビフォーアフターに注目しよう』


aga治療は早めにスタートしよう

薄毛対策として特に男性の場合には検討してみる重要性が高いのがaga治療です。男性型脱毛症と呼ばれる症状が出てきてしまうと進行していってしまい、M字ハゲやO字ハゲなどと呼ばれる状態を経て最終的には髪がなくなるのが一般的になっています。

日本では男性の10%がagaを発症することが知られていて、最近では女性でもagaになるケースが報告されるようになりました。誰もがagaに悩まされるリスクがあると考えておく必要があるのです。agaは最初はゆっくりと進行しているのに対し、症状が目立つようになってきてからは一気に進んでM字やO字になってしまうことが知られています。

そのため、初期に起こる変化に対して普段から注意するように心がけ、症状が出てきたらすぐにクリニックに行って診察を受けるのが大切です。

早めに治療をスタートできれば改善が早い場合が多く、誰にも気付かれずに済ませられることも珍しくありません。aga治療は早めのスタートが肝心だということはよく覚えておきましょう。

変化について注意したいのは二つ

agaの症状が出てくるときにどんな変化が出てくるのかを大まかに理解しておきましょう。変化として注意しておきたいものは二つあります。M字ハゲ、O字ハゲと言われるように、agaでは髪型がM字になるように進行する場合とO字になるように進む場合があるのが特徴です。

両方が同時に進行していくケースもありますが、それぞれについての初期症状を観察していれば問題はありません。一つ目は前髪の付け根が後退する現象です。おでこが広くなっていくという言い方をすることもできます。人によって後退の仕方にも違いがありますが、前髪の真ん中あたりではなくその両側が先に後退していくことが多いのが特徴です。

ただ、初期の変化ではM字にはならずに台形に近い形になっていく傾向があります。ただ、真ん中だけ後退していくということはほとんどないので、前髪の左右の生え際がどの辺りにあるかを確認して後退していないかどうかをチェックするのが良いでしょう。

二つ目はつむじの周辺の髪が薄くなっていく現象です。つむじが大きくなっていく人もいますが、つむじの周辺が少しずつ薄化けたような感じになる人もいるので注意しましょう。手鏡を使わないとつむじの周辺は見にくいかもしれないので、ちょうど良いサイズの手鏡を用意して確認する習慣を作るのが良い方法です。

変化は毎日追わなくても大丈夫

自分はagaになってしまうのではないかと心配で仕方ない人は毎日鏡で生え際やつむじを確認するようになってしまうかもしれません。今日は大丈夫だけど明日になると生え際が大きく後退してしまうのではないか、などといった不安を抱えていると大きなストレスになるでしょう。

ストレスはagaの進行に悪影響を与えることが知られているので、出来るだけストレスを感じるときを減らすのが大切です。もしチェックをしていないとイライラしてしまうというのなら毎日確認しても良いですが、基本的には変化は毎日追う必要はないので週に一回や二週に一回というくらいに頻度を減らしてみましょう。

前述のようにagaの進行は初期の時点ではかなり遅いので毎日鏡を見ていると変化に気づけないことすらあります。一ヶ月くらい間をあけて見てみると確かに前髪が後退しているとわかるということの方が多く、毎日確認していると変化が微妙すぎてわからないリスクがあるのです。

今日治療を開始したか、2週間後に開始したかで治療の経過に大きな変化が出るケースも初期にはほとんどありません。定期的に変化を確認するように心がけることが大切なだけで、毎日チェックする必要はないと考えるようにしましょう。

タイミングを見逃さないためのコツ

間があいてしまうと前髪の生え際の後退やつむじ周辺の髪の薄さが以前はどういう状態だったかがわからなくなってしまうという人もいるでしょう。それが原因でタイミングを逃してしまい、これは明らかにM字ハゲ、O字ハゲだという状況になってから気づくということもないわけではありません。

タイミングを見逃さないようにするためには写真を撮っておくようにしましょう。何日に一回確認するかを決めて、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影して記録していけば見逃すことはありません。必ず前回や前々回の状態と比較して変化があるかどうかを調べてみるようにしましょう。

このような写真による経過観察はクリニックでもよく行われている方法です。ただ、髪を切る前と後で様子が違って見えてしまうこともあります。散髪をしようと思ったときには、髪を切る前と切った後の撮影もしておくようにした方が良いでしょう。

また、髪型を変えたときにも印象が大きく変化するので見間違えてしまうリスクがあります。やはり髪型を変える前後で撮影して記録を作っておくと変化の見極めで失敗してしまうリスクが低減されるでしょう。

aga治療が不要なこともある

agaの兆候が見られてきたときにはクリニックに相談に行って診察を受けるのが大切です。その結果として薬を使った治療をスタートすることになる場合もありますが、特に治療の必要はないという結論に達することもあるということは覚えておきましょう。

aga治療は遺伝子検査によってagaと診断された人に対して適用されるものです。そうでない場合にはaga治療のための薬とは違うもので対策をしていくことになります。薄毛になってしまう原因にはaga以外にも栄養不足や血行不良、髪や頭皮のケアの不適切さなどのように色々なものがあります。

人によってはagaではないのにagaと同じような髪の変化が生じてきてしまうこともあるのです。aga治療をしているクリニックでは適切な診断をした上で改善のための対策を提案してくれます。原因がagaではない場合でも早めの対策をすることによって改善できる可能性が高くなるので、いずれにしてもagaの兆候が見られてきたときにはクリニックに相談してみるのが賢明です。